太宰府天満宮アートプログラム vol.9
ホンマタカシ「Seeing Itself-見えないものを見る」

Date
2015年4月26日 - 2015年8月30日
Artist
ホンマタカシ Takashi Homma
category

本展は、太宰府天満宮アートプログラムの第9回として、写真家ホンマタカシを招き開催するものです。「Seeing Itself」とは、見ることそれ自体に着眼するホンマがしばしば触れるフレーズであり、一連の神社での取材の中でホンマが対峙したのは、「見えないもの」を見ることそれ自体でした。それは、プリントはもちろん、太宰府の霊山「宝満山」の麓に鎮座する竈門神社の一間をカメラオブスキュラにして撮ったピンホール作品、太宰府天満宮の神事に関連した映像作品、双眼鏡を覗いて鑑賞する屋外作品など、バラエティに富んだ新作の数々に結実しました。

今日の写真表現において、世界の第一線に身を置き、刻一刻と移り変わる「今」を切り取ってきたホンマが太宰府天満宮千百余年の営みの中に見たものは何か、ぜひお確かめください。

©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU
©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU
©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU

©️Takashi Homma

ホンマタカシ Takashi Homma

1962年生まれ。1999年写真集『東京郊外』で、第24回木村伊兵衛賞を受賞。
2011年から2012年にかけて、自身初の美術館での個展「ニュー・ドキュメンタリー」を国内三ヵ所を巡回。写真集多数、著書に『たのしい写真 よい子のための写真教室』等がある。近年、建築をカメラオブスキュラにして都市を撮るピンホール作品のシリーズや映像作品の発表を行う。現在、東京造形大学大学院客員教授。