あるく

太宰府天満宮の境内に常設されている
現代アートをご案内します。

1 2 3 4 5 6 7

太宰府天満宮アートプログラムで作家たちが
太宰府天満宮や神道について考えた結果生まれたここにあることに意味がある作品ばかり。
「なに?」「なぜ?」「どうしてここに?」といろんな「?」の気持ちでご覧ください。

Really shiny stuff that doesn't mean anything 本当にキラキラするけれど何の意味もないもの の作品写真 1

Really shiny stuff
that doesn't mean anything
本当にキラキラするけれど
何の意味もないもの

ライアン・ガンダー(Ryan Gander

平成23年(2011)

すごく光ってるけど、何?

この球体は、磁石に吸い寄せられた、たくさんの金属片でできているよ。圧倒的な存在感がある球体だけど、その中心にあるはずの “磁力”は、目に見えないんだ。この「中心にあるのに見えない」ことを表現した作品を、太宰府天満宮で見ることには、特別な意味がある。なぜなら、みんながいると信じていてお祈りをしている神様も、わたしたちの目には見えないから。作家は、目に見えない大切なものの存在を伝えようとしているのかな?

Everything is learned, VI すべてわかった VI の作品写真 2

Everything is learned, VI すべてわかった VI

ライアン・ガンダー(Ryan Gander

平成23年(2011)

岩に座ってたのは誰?

近くで見ると、岩の上部が摩耗しているのが分かる? この岩は、みんながよく知るオーギュスト・ロダンの彫刻「考える人」が、岩が磨り減るほど考えに考えて、「すべてわかって」立ち去った、という物語をもとに、作家が置いたものなんだ。そう知った後で、もう一度岩を見てみよう。少し前までいたに違いない“考える人”の姿が目の前に見えるようだし、 “考える人”がわかったことはなんだったのだろう、と考え始めてしまわないかい?

Metaverse 並行宇宙 の作品写真 3

Metaverse 並行宇宙

ライアン・ガンダー(Ryan Gander

平成22年(2010)

壊れて・・・ますよね?

これは、4代目エジャートン男爵の功績を讃えた石柱だったんだけど、いまではすっかり壊れてしまっている。男爵は、世界を股にかけた富裕な旅行者で、自ら飛行機を操縦し、映画も撮ったという、ヴィクトリア朝の魅力的な実在の人物。これに加えられた「美しい極楽鳥を見つけた」という功績は、実は作家による架空の物語。ところがこの作り話によって、とたんにこの贋の石柱がいきいきと感じられ始めるのが不思議だね。

Like the air that we breath この空気のように の作品写真 4

Like the air that we breath この空気のように

ライアン・ガンダー(Ryan Gander

平成23年(2011)

何が埋まってるのかな?

木の柱の下には、太宰府天満宮幼稚園児たちの「大切なモノ」75個が埋まっているよ。柱には、その一つひとつが記号にされ、ピクトグラムとして彫り込んであるんだ。大切なモノは、もう見ることができない。でも、目に見えないことでかえってわたしたちは、それぞれが持っていた姿やエピソードを、自由に想像することができるようになるんだ。「一番大切なのは、想像力を喚起させることそのもの」だって、作家が言っているそうだよ。

The Problem of History 歴史について考える の作品写真 5

The Problem of History 歴史について考える

サイモン・フジワラ(Simon Fujiwarar

平成25年(2013)

単なる椅子ですよね?

この作品の近くにある、ブロンズ製の麒麟像は見た? 麒麟像はかつて二体存在したんだけど、一体は第二次世界大戦で武器をつくるための金属供出で失われてしまったという歴史があるんだ。ところでこのどこにでもありそうな椅子、なんとブロンズ製! プラスチック加工でカモフラージュされることで、これまでその麒麟が生き延びてきたように、波瀾万丈の世界を残っていくのかもしれない。ブロンズの椅子が残った未来の世界は、どうなっているんだろう?

The Problem of Time 時間について考える の作品写真 6

The Problem of Time 時間について考える

サイモン・フジワラ(Simon Fujiwarar

平成25年(2013)

誰の手形?

これは、太宰府天満宮幼稚園児たちの手形だよ。スプレー缶の塗料で、作家と一緒にパフォーマンスによってつくったものなんだ。でもこれ、例えば“洞窟に残された古代人の手形”だと言われれば、そう見えてこないかい?園児たちの手形は、風雨に晒されるうちに色褪せていくだろう。でも、現代のわたしたちが古代の手形を見るということを、当時の人達は想像したかな?いま新しくつけられた手形は、この先どう変わっていくんだろう?

The Problem of Faith の作品写真 7

The Problem of Faith 信仰について考える

サイモン・フジワラ(Simon Fujiwarar

平成25年(2013)

松葉杖、刺さってますか?

人々が健康を願う気持ちはとても強く、時にそれは信仰につながっていく。南仏の「ルルドの聖母」の岩窟に、治癒した人の松葉杖が多く供えられ、さらに祈る人たちを集めているみたいに。この岩は作家がコンクリートでつくったフェイクの岩。しかし人々が信じれば、ここが信仰の場になる可能性だってあるよね。祈りの場は、こうしてできたかもしれないと、作家は投げかけているんだ。それを祈りの場である天満宮で考えるのも、不思議な体験だね。